2013年09月01日

日本・ミャンマー軍事交流へ 対支防衛戦略の一貫か


今後は新しい趣向として特亜以外の国と日本との交流ニュースなども紹介していきたいと思います。

そんなわけでまずは日経新聞から。

日本政府はミャンマーとの安全保障分野での協力関係を進める計画で、まずは来年度から双方の軍事関係者による定期的な意見交換を開始。将来的には共同訓練も視野に入れた交流を進めるとのことです。

もはや韓国が対中防波堤としてまったくアテにならず、それどころか急速に中国への接近を強めている昨今、こういった動きは今後ますます重要性を増しそうですね。

ソース:http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS25030_W3A820C1EB1000/

お次はウェブカルチャーマガジンQeticによると、最近アジアにおける新しい文化の発信源として世界の注目を集めているタイ王国から、新進気鋭のバンドDesktop Errorが来日して精力的にプロモーション活動を展開中とのことです。



外貨稼ぎだけが目的の中身スカスカのK-POPとは次元が違いますね。

ラベル:非特亜交流
posted by 斉 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 非特亜の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする