2017年05月04日

韓国・釜山市で珍妙な通信使イベントが開催

2017年4月18日付けの聯合ニュースによると、韓国・釜山市で「朝鮮通信使祭り」と称する行事が、同市を代表する巨大イベントとして3日間にわたり大々的に開催されるという。

朝鮮通信使とは、李氏朝鮮から日本に派遣された朝貢団で、江戸時代250年の間に15回ほど来日したとの記録がある。

今でこそ偽善マスゴミや三文学者どもによって日韓友好の象徴のように祭り上げられている朝鮮通信使だが、歴史的な重要性は極めて小さいため、韓国人たちが過大評価してキチガイのように騒ぎ始める1970年代以前は、日本の史学界からはほとんど無視されていた存在だった。

そんな取るに足らない糞のようなものを記念する行事が、韓国の著名な観光都市・釜山において、地域を代表する巨大イベントになっているのだから、考えてみるとなんとも笑える話である。

例えば「ワーテルローの戦い」のような歴史的な大事件を記念する行事なら理解もできるが、朝鮮通信使などという他国への朝貢団に過ぎないカスみたいなものを記念する巨大イベントが、主要な観光都市において毎年開催されているという事実は、世界的に見てもかなり珍妙であるに違いない。

その主な原因は韓国の歴史捏造にあると言える。韓国では「通信使が停滞した日本に先進の文化を伝えたニダー」などという噴飯もののデタラメが教えられているため、韓国人としては大いに虚栄心がくすぐられる。そのため全国民が通信使という存在を異常に過大評価してしまい、結果このような滑稽かつ珍妙なイベントが誕生したのだろう。

ちなみに今年は「平和を夢見る」などという口先だけのテーマを掲げて、国際学術シンポジウム、関連資料のユネスコ記録遺産登録を祈願する踊り、日韓による交流公演などの無意味な行事が計画されているという。

またイベントのハイライトとなるパレードでは、釜山市の大通り約1.5キロを、約2000人もの馬鹿どもが安っぽい通信使の扮装を着てゾロゾロ練り歩くという。なんとも虚しいばかりである。


応援クリックお願いします

釜山通信使再現行列滑稽.jpg
日本に文化を伝えたニダー誇らしいニダー!
ラベル:朝鮮通信使
posted by 斉 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

日韓の小学生がハンドボールで親善交流

韓国で開かれる「第六回日韓小学生ハンドボール親善交流会」に、茨城県守谷市のハンドボールチームが出場すると東京新聞が報じている。

この交流会なるものは、日本ハンドボール協会が、お互いのレベル向上と友好関係構築を目的として、日韓で交代で開催しているという。

つまり1年ごとに不潔で危険で信用ならない敵国に小学生を最低7人送り込んでいるわけだ。

最近ネット上では韓国への修学旅行が槍玉に上がっているが、このようにスポーツ交流や自治体交流を通じて青少年が訪韓させられる例も数多い。

日本ハンドボール協会には、「助けない、教えない、関わらない」の非韓三原則の則り、早急に交流相手国を台湾あたりに変更するよう提言しておきたい。

韓国・転覆・沈没・クルーズ船.jpg


応援クリックお願いします
posted by 斉 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

韓国・蔚山市が熊本など日本の3市と交流 ('A`)

韓国南東部にある蔚山市が今年、交流事業を熊本市など日本の3都市と積極的に行うことを発表したと聯合ニュースが報じている。

熊本県の「熊本城マラソン大会」に参加し、山口県萩市では陶器祭りに参加し、新潟県新潟市では民俗公演団の交流行事を開催する予定であるという。

かつてないほど日韓関係が悪化して韓国の反日ムードも高まる中、日本との交流事業を積極的に行うとはどういう了見なのだろう。

以前は、例えば島根県で「竹島の日」が制定された際などは、韓国側から次々と交流事業の中止を通告してきたと記憶しているが、最近は安倍氏の靖国参拝などに際しても自治体レベルでの反応は非常に鈍いようである。

水面下では援助くれ援助くれと乞食外交に励む韓国であれば、日本との繋がりが切れるのを恐れて、交流事業を途絶えさせないよう政府から自治体に要請が行っているのかもしれない。

もっともっと反日を!

韓国・蔚山市に残る倭城の址.jpg
朝鮮征伐の際に侍が朝鮮人に作らせた城の痕跡・蔚山市


応援クリックお願いします

ラベル:交流事業
posted by 斉 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

【朗報】 日本と韓国との交流事業が全滅する可能性

韓国の聯合ニュースによると、全国市郡区議会議長協会という組織が会合を開き、竹島問題や歴史認識問題などで日本を糾弾する決議を採択すると共に、今後も日本が態度を変えない場合は「交流訪問」を中止する方針を決めたという。

「全国市郡区議会議長協会」というのは、名前から察するに韓国全土の自治体の議長から成る組織なのだろう。そうなると現在広く行われている日本の自治体と韓国の自治体との交流事業が全面的に中止される可能性もあるということだ。なんと素晴らしいことか。

しかし交流事業を通じて研修生派遣や観光客誘致などの利益を得ている韓国側の自治体も少なくないと考えられ、実際には交流中止に向けて全国的に足並みが揃うかどうかは未知数だろう。

もしも裏切る自治体が現れて血で血を洗う闘争になったら面白いのだが、まだ中止するとも決まっていないのにそこまで期待するのは早計か。とにかく今後の推移を見守りたい。

反日のキチガイチョン.jpg


応援クリックお願いします

posted by 斉 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

日韓交流合宿? もっと子供の安全を考えろ!


真っ赤っ赤で有名な北海道新聞のWEB版に、北海道恵庭市に住む中学生がバレーボールの「日韓交流合宿」のメンバーに選ばれたという記事が載っていた。

日韓交流合宿とは、日本中学校体育連盟が主催する交流事業で、日本全国の中学から有望なバレー選手を十数人選出し、日本と韓国で練習試合や合同練習、交流会などを行うというものらしい。

同連盟によるとこの合宿は、"世界を意識して技術を高めてもらおうと毎年行われているもので、同連盟のバレーボールの海外遠征事業としては唯一だ" とある。

その唯一の海外遠征先が、なぜ「韓国」でなければならないのだろうか。

韓国はバレーボール強国というわけでもなく、日本より特に強いわけでもない。また旅客機で2時間程度の隣国への遠征が「世界を意識する」ことにどれほど寄与するというのだろう。

ただし両国のナショナルチームの成績を比べてみると、最近はかなり拮抗しており、その点では練習相手として適当であるのかもしれない。

しかし韓国は今でも時おり国境の外から砲弾が飛んでくる分断国家であり、基本的には日本の敵国ですらある。反日教育で日本人に憎悪を燃やす馬鹿も多い。子供が傷つけられたらどうするのだ。食物に何か入れられる危険はないのか。そもそも衛生面での不安も大きいのに…。

そんな懸念満載の敵対国に、全国の中学から有望選手を選りすぐって送り込むなど、あまりにリスクが大きくないだろうか。何かあれば日本のバレー界の未来が一瞬で台無しになってしまうかもしれない。

そんな危険を冒すくらいなら、バレーの強い欧州や南米あたりに胸を借りるつもりで遠征させたらどうだろう。そちらの方が "世界を意識して技術を高め" る効果は大きく、さらにはライバルである韓国を突き放すことにも繋がるに違いないのだ。

現在やっている敵に塩を送るような交流事業などさっさと止めてしまえと言っておきたい。

朝鮮戦争-Korean War-アコーディオン戦争.jpg

posted by 斉 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする