2017年05月04日

韓国・釜山市で珍妙な通信使イベントが開催

2017年4月18日付けの聯合ニュースによると、韓国・釜山市で「朝鮮通信使祭り」と称する行事が、同市を代表する巨大イベントとして3日間にわたり大々的に開催されるという。

朝鮮通信使とは、李氏朝鮮から日本に派遣された朝貢団で、江戸時代250年の間に15回ほど来日したとの記録がある。

今でこそ偽善マスゴミや三文学者どもによって日韓友好の象徴のように祭り上げられている朝鮮通信使だが、歴史的な重要性は極めて小さいため、韓国人たちが過大評価してキチガイのように騒ぎ始める1970年代以前は、日本の史学界からはほとんど無視されていた存在だった。

そんな取るに足らない糞のようなものを記念する行事が、韓国の著名な観光都市・釜山において、地域を代表する巨大イベントになっているのだから、考えてみるとなんとも笑える話である。

例えば「ワーテルローの戦い」のような歴史的な大事件を記念する行事なら理解もできるが、朝鮮通信使などという他国への朝貢団に過ぎないカスみたいなものを記念する巨大イベントが、主要な観光都市において毎年開催されているという事実は、世界的に見てもかなり珍妙であるに違いない。

その主な原因は韓国の歴史捏造にあると言える。韓国では「通信使が停滞した日本に先進の文化を伝えたニダー」などという噴飯もののデタラメが教えられているため、韓国人としては大いに虚栄心がくすぐられる。そのため全国民が通信使という存在を異常に過大評価してしまい、結果このような滑稽かつ珍妙なイベントが誕生したのだろう。

ちなみに今年は「平和を夢見る」などという口先だけのテーマを掲げて、国際学術シンポジウム、関連資料のユネスコ記録遺産登録を祈願する踊り、日韓による交流公演などの無意味な行事が計画されているという。

またイベントのハイライトとなるパレードでは、釜山市の大通り約1.5キロを、約2000人もの馬鹿どもが安っぽい通信使の扮装を着てゾロゾロ練り歩くという。なんとも虚しいばかりである。


応援クリックお願いします

釜山通信使再現行列滑稽.jpg
日本に文化を伝えたニダー誇らしいニダー!
ラベル:朝鮮通信使
posted by 斉 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック