2014年04月27日

智辯学園の韓国修学旅行40周年を記念する式典が韓国で開催

よせばいいのに韓国への就学旅行を40年も続けている奈良県の智辯学園高校と智辯学園和歌山高校の校長たちが、韓国観光公社による40周年の記念式典に出席したと和歌山テレビが報じている。

智辯学園は仏教系の新興宗教を母体とする学校法人だが、高校野球が強いのでご存知の方も多いだろう。ご本尊は弁天様であるという。

弁天様.jpg
ベンベンベン

韓国への就学旅行は、学園の前理事長である故・藤田照清氏が始めたもので、「飛鳥文化の中心である奈良の文化が韓国から伝来したことを生徒に見てほしかった」というような動機で始まったという。

66年前に生まれた韓国という国の文化が、どうやって飛鳥時代の日本に伝わったのだろうか。タイムマシンでも使ったのだろうか。はてさて面妖な話である。

冗談はさておき、そもそも飛鳥文化とは、中国南北朝から伝わり日本でアレンジされたものである。決して韓国文化などではない。

また海洋民族である日本人は、古代より「海の道」を通して大陸との直接ルートを持っていたので、半島を経由せず伝わった文物の方が多いのだ。

しかし日本も半島も、かつて同じように中国を手本とした時期があるため、両地域でよく似た遺物が残っている。それを韓国人と媚韓派日本人どもは「韓国が日本に文明を教えてあけだ証拠」だと盲目的に解釈するのてある。

歴史の専門家でもない藤田氏が、朝鮮半島の文化がそっくりそのまま日本でコピーされたかのような妄想を抱くのは勝手だが、それを生徒に熱心に教え込むなどは越権行為ではなかったろうか。

とにかく、藤田個人が抱いた特殊な歴史観を、自分の学園の生徒たちに教えたいという、異常かつ身勝手な動機によって始まった修学旅行のようである。

しかも藤田氏は、現地の韓国人に何やら吹き込まれたらしく、「しかし修学旅行を続けながらの植民地時代35年間の日本の蛮行を知ることになった。 その後、韓国への修学旅行は贖罪の旅行になった」などとほざいたという。

贖罪したいなら1人で勝手に行けばいいだろう。生徒を巻き込まないで欲しいものだ。

またアジアで新型肺炎(SARS)が猛威を振るった2003年でさえ、不安がる保護者を説得して無理やり生徒たちを韓国に連れて行ったというのだから、こうなると頭がおかしいとしか思えない。


頭がおかしいと思ったらクリック

ただしこれらの情報はすべて韓国のインタビュー記事からの引用であり、韓国の新聞は言ってもいないことを言ったように平気で書くので、どこまで信じていいのか分からないのが困りものだ。

しかし、この和歌山テレビのサイトによると、韓国への修学旅行の意義について現・理事長は、「古代からの日韓交流のルーツを知り、豊かな感性を持つことです」などと言っているので、やはり前理事長が妄想した特殊な歴史観と関係した旅である可能性は高そうだ。困ったことである。

posted by 斉 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

百済王族のガキが産まれた日本の島を韓国人の元外交官らが関係者のようなツラをして訪問

百済の武寧王という人物が誕生したと伝えられる佐賀県唐津市の加唐島(かからしま)を、韓国の外交関係者など28人が交流のため訪れたと西日本新聞が報じている。

ウリは日本生まれの武寧王ニダ.jpg
ウリが武寧王ニダ

百済は古代の朝鮮半島南西部に存在した王国で、日本の強い影響下にあって人質などを差し出していが、唐と新羅の侵略を受けて7世紀に滅亡している。

現代の朝鮮人は、百済の言語も文化も受け継いでいない別民族であり、逆に百済を滅ぼした新羅との関係が強いのだが、百済と古代日本の交流が深かったことから、このように百済人の子孫のようなツラをして日本に粘着してくるのである。

唐津市で生まれたとされる武寧王にしても、その父親は百済から日本へ送られた人質なのだが、韓国では「政治顧問として派遣した」と教えているらしい。つまり日本人が教えを請うために招待したことになっているのだ。

もちろん事実無根の寝言であり、古代日本が朝鮮半島より優位にあったことを認めたくないための姑息な歴史捏造である。

このような侮日思想に基づく偽歴史を背景に交流しても、真の理解や友好など生まれないのではないか。

一度「お前らは新羅人なんだから百済とは関係ねえだろ」と言って拒絶してやりたいものである。


応援クリックお願いします

posted by 斉 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史認識問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

佐賀、福岡、長崎、交流馬鹿三題

たまたま唐津というだけで交流30年

佐賀新聞によると、佐賀県唐津市と、韓国の唐津(タンジン)は、文字が同じというだけの理由で、両地域のロータリークラブが30年交流を続けているという。

両クラブは、相互に学生をホームステイさせるなどの事業を続けているらしい。どんな罰ゲームだよ。

福岡で小学生がプルコギ食わされる


毎日新聞によと、福岡県太宰府市では、友好都市提携を結んでいる韓国某市との絆を深めようと、プルコギなどの韓国料理の献立を市内7つの小学校で実施したという。どんな罰ゲームだよ。

プルコギ食うニカ?.jpg


長崎県が韓国で市長会議

長崎新聞によると、長崎県の各市が年2回持ち回りで行っている市長会議が、日韓友好に寄与するため、次回は韓国・釜山で開催されることに決まったという。どんな罰ゲームだよ。

今まで通り県内でやっていれば、それぞれの市の宿泊施設に多少なりと金が落ちたはずである。

自治体の長なら外交などに構ってないで地域住民の利益を最優先に考えるべきだろう。市長失格。


応援クリックお願いします

posted by 斉 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

韓国の告げ口おばさんに招待状を送った友好馬鹿の知事に県内外から批判の嵐

静岡県の川勝平太知事が、韓国のパク・クネ大統領に招待状を送付したことを批判するメールや電話が、県広報課に県内外から180件寄せられたと産経ニュースが報じている。

参考:静岡県でいまさら朝鮮通信使の記念日を制定する動き

県広報課によると、

「子供に反日教育をしている国の大統領と仲良くするのは、今は大反対だ」

「政府と足並みをそろえない取り組みは国益を損ない、韓国を増長させるだけだ」


など、招待状送付に否定的な内容ばかりだったという。正論である。

一方、静岡県内の政治家からは賛否両論の反応が上がっているというが、共産党系や社民党系などの議員は「友好馬鹿」が多いので闇雲に賛成するのは当然だろう。

なお反対派の高橋富代市議は「一自治体の首長が微妙な状況の国家外交に首を突っ込むような話」と批判したという。

また、もしもパク大統領が招待に応じたとしても、安倍首相との会談はスルーして川勝知事とだけ面会し、首相に恥をかかせることも考えられる。陰湿で常識知らずのキチガイ国家なので、そのくらいのことはやりかねない。

敵国にそのような攻撃手段を与えたという意味でも、強く糾弾されるべき愚挙と言えるだろう。

また、招待状を送ったこともさりながら「朝鮮通信使の記念日」などいう愚劣なものを制定する意向であるという。そのことについても批判が高まって欲しいところだ。

李氏朝鮮の鶏泥棒.jpg
劣等国から来た朝貢使節


応援クリックお願いします

posted by 斉 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする