2013年05月27日

歴史捏造に立脚する空疎なイベント 日韓友情ウオークが今年も開催


5月21日付けの朝日新聞によると、江戸時代の朝鮮通信使の足跡をたどる「21世紀の朝鮮通信使 日韓友情ウオーク」なるイベントが行われ、日韓の参加者37人が目的地の東京にゴールしたという。

このイベントは朝鮮通信使が日本に派遣されて400年目に当たる2007年に始まり、その後2年に1度行われているのだとか。

盗まれた仏像を返さないことへの抗議の意味もあり、対馬では朝鮮通信使のイベントが中止になっているが、被害にあった寺院や地域住民の気持ちを思えば、このイベントも中止すべきではなかったろうか。

そもそも朝鮮通信使は、徳川将軍の代替わりを奉祝するために来日していたのであり、要するに朝貢(弱小国が強国に貢物などを捧げて恭順の意を示す)使節なのだが、そういった一面は日韓両国の教科書ではまったく触れられていない。

特に韓国では「朝鮮の進んだ文化を日本に伝えた平和友好使節」などという噴飯もののデタラメが教えられているらしい。

そのような捏造された歴史を根拠に行われるイベントに、何の意味があるのだろうか。あまりに空疎ではないだろうか。さっさと止めてしまえと言っておきたい。

併合前のチョン.jpg

ソース:朝日COM


posted by 斉 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日韓の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

安倍首相が韓国の駐日大使と会談


複数のメディアによると、安倍首相は21日、首相官邸で韓国のシン・ガクス駐日大使と約15分間会談したそうですが、会談の具体的内容については明らかにされていません。

ソース:読売新聞

日本に対しては表向きエラソーな態度を崩さないものの、裏に回れば泣き落とし戦術も辞さないのが韓国のやり口です。今回も安倍首相の前で目に涙でも浮かべながら何か懇願したのかもしれませんが、奴らは必ず後で裏切るので絶対に信用しないでもらいたいですね。

とは言え、たった15分では大して実のある話も出来なかったでしょう。また多くの外交問題を抱える隣国の大使に対し、その程度の時間しか取らなかったというのは、「韓国を軽視しています」という暗黙の示唆と受け取れなくもないですね。

会談後、シン大使は記者団に対して「韓日関係がよくならなければいけないということです」と語ったそうですが、「別によくならなくてもいいですよ」と言ってやりたいところです。

posted by 斉 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

日韓友好に燃える日本の市民活動家が韓国から入国拒否される爆笑珍事


1980年に起きた韓国の民主化暴動事件を記念する行事に招待されていた日本の市民活動家が、韓国入管で入国を拒否されて日本にトンボ帰りしていたことが発覚した。

韓国から追い返されたのは「フォーラム平和・人権・環境」という怪しげな団体の代表・福山真劫さん。

かつて福山さんは従軍慰安婦の調査と称して北朝鮮に入国したことがあるため、韓国当局から親北派とみなされた可能性が高いとされるが、詳しい理由はまだ明らかにされていない。

しかも福山さんは昨年も入国を拒否されているという。

懲りない人である。

ソース:聨合ニュース


posted by 斉 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日韓の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡来人・麻原彰晃(通名:松本智津夫)が引き起こした毒ガス事件で有名な長野県松本市で「渡来人まつり」と称する韓国フェスティバルが開催


長野県松本市で19日に「第8回渡来人まつり」なるものが開催される。

地元の在日コリアンでつくる信州渡来人倶楽部が中心となって主催しているらしい。

松本市と何の関係があるのか知らないが、珍妙な仮面を使うタルチュムという寸劇や、支那風の打楽器を打ち鳴らして踊り狂う農楽などの伝統芸が、韓国から招いたゲストによって演じられる。

また長野県の古墳から出土した半島由来とされる冠のレプリカも展示される予定で、それによって半島人が日本に文化を伝えたと言いたいのかもしれないが、古代の半島人は今の朝鮮人とは別民族であるため、古代の文化的優位(という妄想)を誇示し過ぎると薮蛇になるぞと言っておこう。

ついでに提案するが、朝鮮半島南部でときおり発掘される日本由来の前方後円墳のレプリカも同時に展示したらどうだろう。これは古代の日本人が半島南部を支配していたことを示唆するものだが、同時に日本と半島の緊密な関係を示すものでもあるからだ。

これを受け入れられるなら行事の目的が純粋に友好と文化交流のみにあると認められようというものだ。

朝鮮タルチュム仮面劇.jpg

ソース:信濃毎日新聞

ラベル:多文化"強制"
posted by 斉 at 04:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

「第1回日韓未来対話」で韓国の識者は歴史問題しか頭にないことが判明


毎日新聞によると、日韓関係の改善策を探ろうと、日本のNPOの主催で「第1回日韓未来対話」なるものが東京で開かれたそうだ。

参加したのは日韓の識者や政治家ら約20人。韓国側は「歴史歴史」とそればかり言って、「未来」についてはあまり興味がなかったようだ。

終了後の記者会見で韓国側の代表は「韓国側は、歴史問題を人権、人類の問題と認識している」などとキチガイぶりを発揮。

主催者の意に反して、日韓が歴史問題で和解するのは未来永劫的に不可能であることを確認するフォーラムとなってしまったようだ。

やはり断交が一番か。

ソース:毎日JP

日韓断交年.gif

posted by 斉 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史認識問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする